偏頭痛と生きていく

偏頭痛と生きていく

 

小学生の頃から、頭が痛いとよく言っていました。
頭痛があると何も手がつかず…。
酷い時は嘔吐してしまうこともありました。
特に暑い時期になることが多かった気がします。
両親も心配して、CT検査も行いましたが、特に異常なし。

 

大人になっても、やはり頭痛とはお友達です。
肩こりや目の疲れからも起こるようになり、生理前も必ず起こります。
また、緊張したときや、季節の変わり目もダメです。
昔より酷くなっているような…。
もうこれ以上頭痛と仲良しになりたくないです。

 

頭痛は見た目で判断しにくいので、理解してもらえない時もあります。
痛みが強い時は、どうにかなってしまうのではないかとさえ思うので、辛いです。

 

 

横になったり、市販の頭痛薬で乗り切る

偏頭痛と生きていく

 

薬を飲むと癖になるということで、小さい頃は飲ませて貰えませんでした。
今は、痛いと仕事にならないので酷くなる前に頭痛薬を飲むようにしています。
予定がない日・休みの日は、横になって様子を見ます。

 

あとは、肩こりが酷くならないようマッサージサロンに通ったり、最近はヘッドスパで頭皮を解してもらうと頭痛が楽になるということが分かったので、お世話になっています。
また、水分を多くとるといいという話も聞いたので、こまめに水分補給をしています。

 

 

夜通し遊んでみたい

 

夜更かしをして寝不足でも頭痛が起きていたので、それがなくなったら夜中や朝方まで遊んでみたいです。
年齢的に無理かも知れませんが。

 

出かけているときに限って頭痛がやってくることも多いです。
せっかくの楽しい気分が台無しです。
昔、彼氏とデート中に激しい頭痛に襲われ、都内まで両親に迎えに来てもらった記憶があります。
散々でした。
本当に、頭痛とさよなら出来たら、いろんなことに挑戦出来るのになぁと日々思っています。