水虫菌に塗り薬を塗る

水虫菌に塗り薬を塗る

 

父親に水虫をうつされ

 

私が水虫になった原因として思い当たるのはこれしかないのですが、子どもの頃に父親が水虫になっていて、同じマットレスなどを使っているうちにうつることで水虫になってしまいました。
祖母も水虫ですし、私の家では水虫が遺伝しているというか、移し合っているような状況で、その中で私もなってしまったことにショックでした。
子どもはそういったことに敏感ですし、私が水虫だとは気付かれていませんでしたが、そういった病気があるらしい、なったら嫌だなという話題が出たりすることもあり、
ドキドキしていました。

 

 

足を洗うことと、薬を塗る

足を洗うことと、薬を塗る

 

私の場合は長い間水虫でしたがなかなか治らずに、時々治療をしてはめんどくさくなり放置をしていました。
しかし結婚生活の中で夫にまでうつしてしまい、そこから罪悪感を感じて頑張って水虫を治さないとという気持ちになりました。

 

重い腰をあげて皮膚科に行き、治療薬をもらい、毎日の入浴をする際にきれいに足を洗うこと、靴は同じ物ばかり履かずにローテーションをして菌を繁殖させないこと、そしてもらってきている水虫の薬を塗るということをやって、完治させることを目指しています。

 

サンダルを気にせずに履きたい
私が水虫が現認で控えていることとして、夏場にサンダルで歩くということがなかなかできません。
サンダルになると足がしっかりと見えてしまいますし、水虫になってることが他人からわかるのではないかと思うのです。
そういった状況が気になるので、ここ数年は夏でも靴を履きサンダルは避けるようにしています。

 

そして子どもがプールに行くようになりビーチサンダルなどを履いて付き添わないといけない時があるのですが、その時も爪水虫があるのでペディキュアを塗ってごまかしたりして大変です。堂々とできるようになりたいです。